猫のしつけ方法教えて

MENU

猫のしつけについて

人間と動物はむかしから生活を共にしており、この状況はいまの時代でも同じです。
それどころかいまや空前のペットブームで、どのお宅でも必ずベットを家族の一員として迎えているように思います。

 

ペットとはいえ、大切な家族と同じような存在ですから、自分の子どもや家族と同じような愛情をもって育てている人が多いと思いますし、それが当然の事なのです。

 

家族の一員と同じような存在のペットは、ただ可愛がって餌を与えるだけというわけにはいきません。
一緒に生活をともにするからには、それなりにしつけなどをする必要があります。

 

例えば、一緒に生活する上で最低限必要なトイレのしつけなどは絶対に教えなければいけません。
屋外でペットを飼う場合には、万が一粗相をした場合でも、それほど問題には、なりませんが、室内で生活を共にしている場合には、一定の場所にトイレが出来るようにちゃんと教える必要があります。

 

ではどのようにしてペットにトイレのしつけやその他のしつけを行なっているのかを考えてみましょう。
猫を飼っている人も多いと思いますが、猫の無邪気な動きを見ているだけで本当に癒されますよね。

 

犬派と猫派にわかれると思いますが、ねこを飼っている人もとても多く、気ままなねこの姿に毎日のストレスを解消していることでしょう。

 

都心には、猫カフェというビジネスも展開されるなど、猫好きの方は、とても多いと思います。
マンションやアパートでペットを禁止されている人は、週末や休日を利用して、猫カフェで1日を過ごすという方もいますよね。

 

一人では寂しいけど、ねこと一緒ならという気持ちの女性も多いかもしれませんね。
犬に比べてそれほど手のかからない猫は今後も家族の一員として迎える人も多くなると思います。

 

 

 

猫をペットとして飼っている人は、年々増加傾向にあります。
見ているだけで癒される猫は、一人暮らしの方や家族の疲れた心などを癒し、家族の一員同様に愛されています。

 

しかし仕草などが愛くるしい猫とはいえ、全くしつけがされていない場合には、癒されるどころか、毎日の粗相やイタズラにストレスを感じるようになり、毎日イライラさせられてしまうでしょう。

 

せっかくの可愛い猫もストレスを感じるようになれば、生活のスタイルを乱され、飼っていることがプラスになりません。
猫を家族の一員、パートナーとして可愛がるというのは、しつけをせず、甘やかし、一切怒らないというわけではありません。

 

猫と一緒に生活をするにあたって、しつけや怒るという行為はすごく大切なことなのです。
万が一、猫が悪い事をしたり、トイレをあっちこっちにしてしまった場合には、それは悪いことであるとしっかりと教える必要があります。

 

これは猫に限ったことではありませんが、動物と一緒に生活をするということは、ある程度のきまりを教えなければいけません。
しかし猫やその他のペットは、なぜ怒られているのかを理解することはそう簡単ではありませんので、怒り方やしつけの仕方に十分注意をしなければならないのです。

 

悪い事をしたとの時にちゃんと叱ってあげないと、後でまとめて叱りつけても全く意味を理解できないと思います。
当然ですが、猫は人間の言葉の意味を理解することはできません。

 

しかし耳が非常に敏感にできていますので、大声を出したり、一喝するだけですごく効果があります。
長々と言葉で言いくるめようとすると全く効果がありませんので、コラッという声で怒るという事を決めて、悪い事をした時には、必ずコラッという言葉で躾けるようにしましょう。

 

何度も何度も繰り返し行なっていると、猫はこの言葉を発声られた場合には、怒られていると理解出来るようになります。
この時の注意点ですが、コラッという怒鳴リ声と同時に、手を挙げる人がいますが、叩いたりするようなしつけの方法は、一切禁物です・

 

何度も繰り返し根気強く怒鳴っていると、徐々に出来るようになりますので、怒られたことにたいして改善できた場合には、できるだけ大袈裟に褒めてあげるようにしましょう。

 

なでたり、褒めたりすると猫はだんだんとその意味を理解するようになります。